理想との落差を感じるなら

介護関係の仕事は決して楽ではない。体力を必要とする仕事であるし、利用者それぞれと良好な人間関係を築くのも難しいことだ。それはケアマネージャーの仕事であっても例外ではない。
ケアマネージャーは、利用者と介護サービスを結びつけることが主な仕事であって、食事や排泄の介助などといった、いわゆる介護サービスを提供する立場にはないかもしれない。しかし事業所によっては、ヘルパーの助手という形で実際に利用者の介助をしなければならないことも多いのが事実だ。

たとえば、有料老人ホームの中には、介護保険を利用していない入居者がほとんどという施設もあったりする。そういう施設では、ケアマネージャーが本来するべき介護保険サービスの紹介や相談などといった仕事をする必要がなく、ヘルパーの助手や入居者集めの営業活動をさせられるということもあるのだ。そういった施設で働くようになると、本来思い描いていた仕事内容とは違った働き方をしなければいけないため、理想との落差にストレスを感じてしまうという人も多い。

また、決して給料の高くない世界でもある。一人で家族を養っている人にとっては、なかなか上がらない給料にもストレスを抱いてしまうことがあるかもしれない。しかしこの仕事は、非常に希少価値の高い仕事でもある。難しい資格試験を通ってやっと就くことのできる仕事であり、施設によってはより高い条件で雇ってもらえる場合も大いにある。もしストレスを抱いているのであれば、他の施設に転職するというのも一つの手かもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です